2005年03月16日

息子が子供モデルとしてスカウトされました!(5)

さて、前回は息子が芸能プロダクションのアトラスプロモーション(現:ワイズプロモーション)にスカウトされたが
色々考えて、最終的には断った所までを書きました。その続き…。

今回、結果だけみれば
「街でスカウトに声をかけられたけど、それだけで終わった」
という感じなんですが、色々考えましたよひらめき

「すっぱいブドウの理論」かもわかりませんが
こういう世界に入り込まなくて良かったなと今更ながら思っていますダッシュ(走り出すさま)

たぶん、仕事が仮に来るようになったとしても
その為の維持として、やはり習い事などさせるであろうし
今のように公園で自由に友達と思い切り遊ぶ、って事も少なくなるだろうし
親としては子供につきっきりになって、マネージャーのような事を
していくであろうし
色々大人の汚い面も子供に見せなければならない事もあるかもしれませんし、
もし売れたとしても、普通の生活から離れた生活スタイルになってしまい
それが本当にいいことなのか、
何より、子供が本当に幸せと感じるのかどうか・・・疑問ですねバッド(下向き矢印)

今、子供と一緒に遊んで暮らしていることが何よりも楽しいと
思っていますので、
そういう「勝った負けた」で子供を引きずりたくないですし
うまくいかなかった時とか子供に対しイライラしてしまったりしたら
お互い不幸ですよドコモポイント

【そもそもとして、うちの息子は天下無敵の暴れん坊なので
とても面接とかでじっとしているとは思えません^^;
撮影とか行ったとしても、現場で期待するように
素直に息子が動いてくれない・・・あせる私・・・というのが
簡単に想像できますね・・・たらーっ(汗)

毎日変化がなくて、平平凡凡と生活していると
つい変化や刺激を求めたくなる時がありますが、
やはり「ふつーの毎日がいいな」と落ち着きましたね。

・・・しかし、今回の事件(exclamation&question)は、色々考えさせられましたねぇ。
最後になりますが、コレだけはいいたい。

「・・・いい夢を見させてもらったよ。・・・あばよ!」(c)柳沢真吾

モデルとしてスカウトされ、面接を受けようと考えている方へ

親としては「子供の未来の可能性」を広げてあげたいと思いますよね☆

子どもたちの無限の可能性を最大限に伸ばしたい・・・
ベビー&キッズ向け英語・知育教材専門店「Chaoone!」





他のブログにも楽しい記事がありますよ〜banner_02.gif banner2.gif


posted by まじかる at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。