2005年02月22日

子供はおもちゃをすぐに飽きてしまうがそれはそういうもの

私達親の買い物でも
「買ってみたけど使わなかった」
「一回着て、それ以後着ていない」
「すぐに別のものが欲しくなった」
というのってあると思います。

それが成長とサイクルの早い子供の事、
おもちゃに飽きてしまうってのは、よくある事ですよね新幹線

買い与えたおもちゃ全て「まったく無駄なく元を取るぐらい遊んだ」
なんて事はありえないと思います。
(私自身の買い物も「無駄な買い物をしない」と意気込んで生活してますが
なんと無駄な買い物が多いことか…ふらふら

でも、それって「失敗した!」と思うのは違うって思うんです。
子供にとって、その時与えたおもちゃが、成長に合ってなかったりしただけで
将来タイミングさえ合えば遊んだり、
飽きて見向きもしなかったおもちゃを、思い出したように再度遊び始めたり・・・。

そういうのって以外に多いと思います。
だから、今買ったおもちゃが飽きられたとしても
将来的にも無駄か、というとそんな事はないのだと思いますよわーい(嬉しい顔)

だから、子供にも「これは飽きてしまうかもしれないから、
成長にはよさそうだけど買うのは止めておこう」
というのは、あまりよくないかもしれませんね。

無駄が無いのは理想ですが、それを恐れるばかりで
子供の成長の手助けになるものを与えられなかったとしたら
本末転倒になってしまいます。(そこは難しいですけどね。。。あせあせ(飛び散る汗)

遊び方の決まっていない、シンプルなおもちゃは、
こどもの自由な発想、大人の工夫によって、色々な遊びに利用できます。
1才の時に与えたおもちゃも、2才、3才では、また、違う遊び方をするようになり、
子供成長を感じる事ができるのではないでしょうか。
「このおもちゃはこう遊ぶ!」
「もっとこれで遊びなさい!」
と親が熱くなるのではなく
パパ・ママも、子供と一緒に、の〜んびりと、おもちゃを楽しんでみる
心の余裕を持つといいかもしれませんね黒ハート



他のブログにも楽しい記事がありますよ〜banner_02.gif banner2.gif


posted by まじかる at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育児に関する考察など
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。